2012年03月11日

心を寄せる

みなさんは今日をどのようにお過ごしでしょうか。
一年前に大震災が起きた日。
でも、追悼の思いも形も人それぞれ。
過ごし方のタブーは作らなくてもよいですよね。

わたしは
日比谷公園のイベントや反原発デモを観察したり
有楽町で環境省によるがれき処理についての話を聞いたり
急きょ会った友人とビールを飲んだり
テレビ朝日の追悼番組を見たり
という日でした。

シリアスなこと
カジュアルなこと
おもしろいこと
ひねくれたこと
一日を通して
色々思ったことがありますが、
印象に残ったのは
「心を寄せる」
という言葉です。

大切な人を津波で失った方の気持ち
行方不明の家族や友人を探し続ける方の気持ち
生きたいのに逃げられなかった方の気持ち
仮設住宅で暮らす方々の気持ち
震災のせいで仕事ができなくなった方々の気持ち
高濃度の放射線値が測定された地域に住み続ける方の気持ち
やむを得ず故郷から離れて暮らす方の気持ち
など

正直なところ、
同じ経験をしていない
価値観が違う
という理由で、その方々の気持ちを真に理解はできていないです。
けれど、
「心を寄せる」
ことはできるのではないかと思っています。

「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています。」
という天皇陛下の追悼の言葉、心に響きました。

シリアスに書きたいことは他にもあるのだけれど、
今日は何より
「心を寄せる」
ことを自分に留めたい。


chiezale
ラベル:311 震災 地震 反原発
posted by TROPEN at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。