2011年05月23日

ツナグ

私は今、東京に住んでいる。
放射性物質、いっぱい吸い込んでいるだろうな。

生まれ育ったのは北海道。
家族は今も北海道に住んでいる。

北海道に帰るべき理由はいくつかある。
けれど、東京にいる理由はいくつもない。

それでも、東京から離れられないでいる。

東京に何があるのか?
何があるのか。

私にとっては、「刺激」と「繋がり」がある。
これらから、離れがたい。

原発の問題、
根底には
東京一極集中
が原因としてあるのだろうと思う。

いや、だからといって
「福島のみなさんすみません、東京で使う電力を作ってもらっていて、こんなことになってしまって」
と私はさらさら思わないけれど。
その意見は、なーんかしっくりこないんだよね。

もちろん、
自分の生活でひーひー言ってる私ごときが、
例えば過疎地域に転居したとて何がひっくりかえるわけでもないのだが。

東京一極集中

東京が悪いみたいなイメージの言葉だけどさ、
別に東京は悪くないし、昔から住んでる人もいるわけで、
どちらかというと、地方から出て来ている田舎モンが下手な夢と希望を持って来なければこんなに密集しなかったのにね。

いや、そうは言っても
東京から離れられない田舎モンは自分ですが。

地方出身者で、
田舎を愛している人も多いと思うのだけれど、
私だって北海道が嫌いではないけれど、
なんか、息苦しいイメージなのだ。田舎って。
放射性物質云々より以前から空気の汚れている東京の方が、
精神的には呼吸ができる。気がする。
それとも大人になったから、少しは生きやすくなったのかな?
うーん、そう思ってみてもやはり文化的刺激の多い東京に魅力を感じてしまう。


しかし、しかしだよ、
放射性物質は子どもに甚大な影響を与えるという。
子どもを産み・育てることを近い将来的に考える場合、
東京から疎開した方が良いのではないかとも考えるのだ。
もちろん、子どものいない人生もありうるけれどね。


明らかに、今回の原発事故で日本は汚染されている。
いや、日本だけじゃないかもしれないよね。

幽遊白書の仙水忍的発想であれば、
こんなに地球を汚している、存在することで地球に害をなす人間など消滅した方がよいのだ
という言い分になるかもしれないけれどw
生き残り種を残し後世に繋ぐ 
という生物ゆえの発想を否定する必要はないと思うのだ。
どんなことをしても生き延びる
ご先祖様がそのように繋いでくれたからここにいるのだ。
人間が増えすぎようと、かまわない。
いち生物として本能により精一杯生き延びようとするしかないのだ。


なので、
日本に住む者としての発言。


日本にあるすべての原子力発電所を停止させるべき。


Chie
posted by TROPEN at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203421737

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。