2011年08月15日

二階堂和美さんのライブビート

昨日、二階堂和美さんのラジオ公開録音に行ってきた。
(結局、虎屋は時間がなくて寄れなかった…)

最高だった。
とても自由な感じがした。
YOUTUBEで見たよりも遥かに魅力的。
シャンソンのようで演歌のようでポップスであり…
そして、感情と声の繋がり方が絶妙。

彼女は広島県で生まれ今も広島県で暮らしているという。
『今も昔も、同じように蝉が鳴く朝を迎えていたと思う。』というMCで始まった「蝉にたくして」という曲。
冒頭、蝉の声帯模写から世界に引き込まれた。
CDを手に入れてもう一度じっくり聴きたいと思った。
また、『いつ死ぬかわからないが、限りある命だという事を認識するのは活力の湧くこと。』
というMCで私も活力を得られた。特別な言葉ではないかもしれないが、説得力があったな。
「死後の世界があるかどうか」という中学生っぽいw疑問を今更ながら友人にぶつけたばかりの私にはなおさら響いたよ。
ラジオ放送は9/25(日)NHK−FM「ライブビート」で午後11時から。秋の夜長におすすめよ。

このようにして、二階堂和美さんに刺激を受けたわけであるが、
とてもとても彼女のような強い表現はできないなぁと思った。ハナから勝負にもなっていないけれど完敗である。
けれど力足りないからこそ、人の力をうまいこと借りてwうまいこと強い表現に近づきたいと思うのである。


今日は8月15日。
子どもの頃から「考えるべき日」としてあるが、今何を思うか。
戦争反対と願っても、戦争は無くならないのだよね。

話が少しずれるようでもだけどつながるエピソードを一つ。
ついさっき、練馬駅の地下から地上に上がるエスカレーターでのこと。
そのエスカレーターはいつも混んでいて並ぶのね。
さっきももちろん混んで長い列が出来ていたわけなんだけど、私の前には小学生くらいの女の子がいたの。
すると、その女の子の前に「ずずずいっ」と横入りしようとする女性が。女性の年の頃は30代半ば、薬指に指輪をしスマホをひたすらいじり続けている。
私は「おいおい」と思って少し前につんのめる形になったのだが、すぐ前の小学生女子は違った。
ゆっっくりと、その図々しいオバサンが横入りするのを待ってエスカレーターに乗ったのだ。
もっと前の方にはその小学生女子のお母さんらしき人がいて心配そうに見ていたので、
私は心の中で「あんたの娘はエライよ!大丈夫。私がお嬢さんをお守りします…!」と念じながら目線を送っていた。(もちろん特に気が付いていなかったが。)

「ゆずり合い」の精神って美しいと思うのだ。
そりゃ、場合によっては話が進まないこともあるけどね。
世界各国のお偉いさんが、ほんの少しずつ「ゆずり合い」したら何かもっとピースフルになるんじゃないのーなんて思ったのだ。
まぁ、お偉いさん方に話しかけるチャンスなどないのでね。
まず私は、その真っ黒に日焼けした小学生女子を見習いたい。

Chie

※NHKホールの横で開催されていたインドフェスティバルにて、感動のアイス技を見せてくれたトルコアイス屋のお兄さんと私。
↓インドやらトルコやら…
CA3G0581.jpg

posted by TROPEN at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。