2011年05月23日

ツナグ

私は今、東京に住んでいる。
放射性物質、いっぱい吸い込んでいるだろうな。

生まれ育ったのは北海道。
家族は今も北海道に住んでいる。

北海道に帰るべき理由はいくつかある。
けれど、東京にいる理由はいくつもない。

それでも、東京から離れられないでいる。

東京に何があるのか?
何があるのか。

私にとっては、「刺激」と「繋がり」がある。
これらから、離れがたい。

原発の問題、
根底には
東京一極集中
が原因としてあるのだろうと思う。

いや、だからといって
「福島のみなさんすみません、東京で使う電力を作ってもらっていて、こんなことになってしまって」
と私はさらさら思わないけれど。
その意見は、なーんかしっくりこないんだよね。

もちろん、
自分の生活でひーひー言ってる私ごときが、
例えば過疎地域に転居したとて何がひっくりかえるわけでもないのだが。

東京一極集中

東京が悪いみたいなイメージの言葉だけどさ、
別に東京は悪くないし、昔から住んでる人もいるわけで、
どちらかというと、地方から出て来ている田舎モンが下手な夢と希望を持って来なければこんなに密集しなかったのにね。

いや、そうは言っても
東京から離れられない田舎モンは自分ですが。

地方出身者で、
田舎を愛している人も多いと思うのだけれど、
私だって北海道が嫌いではないけれど、
なんか、息苦しいイメージなのだ。田舎って。
放射性物質云々より以前から空気の汚れている東京の方が、
精神的には呼吸ができる。気がする。
それとも大人になったから、少しは生きやすくなったのかな?
うーん、そう思ってみてもやはり文化的刺激の多い東京に魅力を感じてしまう。


しかし、しかしだよ、
放射性物質は子どもに甚大な影響を与えるという。
子どもを産み・育てることを近い将来的に考える場合、
東京から疎開した方が良いのではないかとも考えるのだ。
もちろん、子どものいない人生もありうるけれどね。


明らかに、今回の原発事故で日本は汚染されている。
いや、日本だけじゃないかもしれないよね。

幽遊白書の仙水忍的発想であれば、
こんなに地球を汚している、存在することで地球に害をなす人間など消滅した方がよいのだ
という言い分になるかもしれないけれどw
生き残り種を残し後世に繋ぐ 
という生物ゆえの発想を否定する必要はないと思うのだ。
どんなことをしても生き延びる
ご先祖様がそのように繋いでくれたからここにいるのだ。
人間が増えすぎようと、かまわない。
いち生物として本能により精一杯生き延びようとするしかないのだ。


なので、
日本に住む者としての発言。


日本にあるすべての原子力発電所を停止させるべき。


Chie
posted by TROPEN at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

メイデイズ

ワシャワシャと活発に動いています。

5/15には、急きょ赤犬姉妹のライブが入り神楽坂エクスプロージョンでパフォーマンスしました。
ヴィジュアル箱、実は初めてだと思う…!お誘い頂けて嬉しかったわ☆
そして、
その日に共演したバンドで、喧嘩を売ってくるようなガチMCをする人がいたのですが、
それに対して「やんのかコラァ」的な対応をする人がいて、そのヤンキー的・青少年的コミュニケイションが面白かったです。
私も「売られた喧嘩、買わなきゃ女がすたる」と息巻いておりましたが、心の中でw
そのMC内容は
「この人、浅いなー」
と思わせてしまう内容。でも後々思い出すと、それを言ってしまった気持ちにも共感できたり。
と同時に、自分の合わせ鏡のようで恥ずかしく思ったり…。
演奏する時、他人のこと気にし過ぎ!っていう部分がね(笑)
MCした人vsヤンキー対応した人
タイマンで喧嘩して肉体をぶつけ合ったらすごく仲良くなれるかもね。昔の青春ドラマみたいに。

5/15Frozen Panty and His Dirty Hearts↓
ウッチ―バンド.jpg













5/15死獄雑↓
至極雑.jpg













5/15ユーコ様&赤犬姉妹・桜子↓
メタルポーズ.jpg














5/17には、ビル・ラズウェル(@渋谷www)のチャリティーライブに行ったよ。
実はビル・ラズウェルについてはほとんど知らず…
Phewが参加しているAnton Fierのアルバムにクレジットがあったということをうっすら知っている程度…
でも、そのAnton Fierの「Dreamspeed」というアルバムが恰好良いので興味を持って出かけたのでした。
被災地の日本酒を飲みながら(これがやたら旨かった)フラフラとユラユラと気持ち良かったです。
特に、近藤等則さんのトランペットを初めて聴いたのですがしびれました…!!
というか、私は近藤等則という名も知らなくて「このオジサン、やるな…!すげー!」と思って観ていたのだけれど、有名なんですよね…へへっ。

そんで5/19には、HUH(@秋葉原クラブグッドマン)のライブへ。
HUH↓
HUH.jpg













HUHは赤犬姉妹繋がりで知り合った二人組バンド。
気負いなく破壊衝動を表現しているのが小気味良いのだ!!
またこの日は、TropeN繋がりで知り合ったspinozaのベース・翼君が彼らを観に来ていて、びっくらした。
こういう繋がりとかタイミングとかテンション上がる。
テンション上がりすぎたためか、ビール3杯程しか飲んでいないのにガンガンに酔ってしまって、気持ち悪くなって、自宅最寄駅トイレで…うぇえええええ

ほんで昨日5/21は、Grant(ABIKYOKAN)&奥様・Ayakoさんの新居にお邪魔してパーティー!!
partyathirai.jpg













手作り生春巻きをごちそうになり上機嫌♪
ザキヲさんも珍しくビールコップ半分とスパークリングワインでほろ酔いになり、帰り道ではフラフラしていましたw
おしゃべりと音楽のもとでゆったーりと酔えたぁ〜

今月、なんか楽しいぞ。
そして30日は再び東京EAST・小岩にてTropeNライブ!

5/30(月)at小岩BUSHBASH
“NO TIE”
■LIVE:
 disk-3
 psy-VOGUE
 TropeN
 クレパス
 恥骨
■Open 19:00 / Start 19:30
■Adv 1000yen/ Door 1300yen(+1drink order)


ばっちり心ゆくまで楽しむべく、翌日も仕事を休みにしたぜ!へへへっ

Chie

posted by TROPEN at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

レンキュー

今日の東京は蒸していた。
苦手な季節が近づいてきたなぁ。
昨年の梅雨時期は体調が最悪(原因不明の高熱やむくみ、そして急激な体重増)だったのでビクビクしてしまう。
この季節を乗り切るために、襟足をカリアゲにして前髪を思いっきり短くしようかななどと検討中である。


さて、過ぎし連休は皆様いかがお過ごしだったのかしら。
私はTropeNの他にやっているノイズユニット「赤犬姉妹」の2DAYSライブをしたり友人のライブを見に行ったりと結構動いていたよ。

 tetsubou.jpgcafe.jpg0503live.jpg0504live.jpg0504cafe.jpg0505live.jpg















新しい出会いもあったし、既知の間柄の人々ともコミュニケイトできたし、
イェーイ☆
ってな感じだった!
テンション上げ過ぎると、その分ダウナーになるのが怖いのだけれど、でもその高いテンションの夢心地空間に永遠と未知を感じたり…もごもごブツブツ…


いやいや、かくかくしかじか。
今月はこれまたライブを見に行く予定があり、そしてTropeNのライブもありでワシャワシャ動きのある月になりそうだ!


5/30(月)at小岩BUSHBASH
“NO TIE”
■LIVE:
 disk-3
 psy-VOGUE
 TropeN
 クレパス
 恥骨
■Open 19:00 / Start 19:30
■Adv 1000yen/ Door 1300yen(+1drink order)

ライブへの心意気…うみゃー!っていうか、あと20日しかないじゃないかぁ!
まずいまずいまずいよぉ!職場の愚民共が好き勝手ぬかしやがってムカムカ…とかどーでもいいからw頑張らなきゃあ!

 
うぎゃぎゃぎゃぎゃー
 

Chie

 

posted by TROPEN at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。